ソウルナンバーが近い恋人は上手くいく!今話題の占い芸人が教える運命の相手の見つけ方

好きな人がいるけれど、自分と合うのかどうか分からないケースは多いでしょう。運命の相手とは、誕生日から計算する特別なナンバーで分かります。性格や行動パターンも近くて、恋人にふさわしい異性を見つけませんか?

■手相芸人・島田秀平氏が伝授!手相や誕生日から好きな人との運勢が分かる
今話題のソウルナンバーは、占い芸人として有名な島田秀平さんが、2015年7月にお昼の情報番組で紹介した占いです。島田さんは、「KY線」や「モテ線」といった親しみやすい用語で、手相ブームを巻き起こした仕掛け人でもあります。

手相には、左手の人差し指あたりから小指にかけて入っている「感情線」という線があり、
恋愛運や行動パターンを見ます。これまでに3万人以上を鑑定してきた島田さんによると、感情線の形や長さが似ている人同士は、相性もいいということです。

とはいえ、気になる相手の手をしっかり見るチャンスなんて、なかなかないでしょう。誕生日さえ分かれば、ソウルナンバー占いですぐに好きな異性とのマッチングをはかれます。

■生まれた日の数を足していくだけでソウルナンバーが判明
ソウルナンバーの計算方法はとてもシンプルで、生年月日の数字をそれぞれ足していって、1~9までの数字を出すというもの。
例えば、1984年9月29日生まれなら、1+9+8+4+9+2+9=42、4+2=6で、ソウルナンバーは「6」ということになります。

数字にはそれぞれ性格が決まっており、数字が近いほど相性がいいとされています。隣の数なら、ソウルメイトといって、まさに魂が引き寄せあう運命の相手です。ちなみに、「9」のソウルメイトは「8」と「1」の人物になります。好きな人の誕生日を知っていたら、自身のナンバーと比べてみてください。恋人との関係を占ってみるのもいいでしょう。

好きな人と上手くいくかどうか不安になったら、今話題のソウルナンバー占いを試してみましょう。自分と彼の生年月日から、誰でも簡単に相性を占えます。