干支占いで2016年の自分の運勢診断をしたい!干支占いの正しい見方と選び方とは?

数ある占いの中でもちょっとマイナーかもしれない干支占い。
それでも、自分の干支の運勢って気になりますよね!
2016年は申年ですが、申年の方は特に気になるのではないでしょうか?
実際に、生まれた年によってそれぞれ特徴があって、十干と十二支を使えば全体運・恋愛運・金運・仕事運も色々わかるようです!

干支占いは昔から親しまれている!

干支は昔から中国を中心としたアジア各国で親しまれ、年月日や方角、時間をあらわすのに使用されてきました。
他にも陰陽五行説にも深く結びつき、呪術などにも応用されてきました。

ちなみに干支とは・・・

よく会話で「あなたの干支って何?」に対し「卯年だよ」のように答えますよね。
これ、実は正確な答え方ではないんです。

私達がよく使う「子・丑・寅・卯・辰・・・」というのは「十二支」のことです。
これともう一つ「十干(じっかん)」というものがあります。
甲・乙・丙・丁・戌・己・庚・辛・壬・癸を十干といいますが、一昔前は成績も「甲乙丙」が使われていましたよね。
読み方は「甲/きのえ」「乙/きのと」「丙/ひのえ」「丁/ひのと」「戌/つちのえ」「己/つちのと」「庚/かのえ」「辛/かのと」「壬/みずのえ」「癸/みずのと」と読みます。

本来、干支というのはこの十干と十二支を合わせたものを「干支」というのです!
この二つの組み合わせは60種類にも上ります。
だから、60歳というのは干支の世界でちょうど一回りしたから「還暦」というふうにお祝いをするんですよ。

なので「あなたの干支は何?」と聞かれたら「丁卯(ひのとう)だよ!」とか「丙午(ひのえうま)だよ!」と答えるのが正解なのです。
多分、ほとんどの方から「?」とされてしまうかもしれませんが・・・。

ちなみに2016年は「丙申(ひのえさる)」です。

干支占いを選ぶときのコツ

様々な占いがありますが単に「子丑寅・・・」だけの占いは「十二支占い」なので、12種類しかない分どうしても精密さに欠けます。
それに比べて干支占いは60種類もあるので、できれば干支で運勢診断をした方が精密でしょう。

あとは信頼のおける占い師とめぐり合うことです。
実力のある占い師さんや、自分と相性のいい占い師さんであれば運命を切り開いてくれることでしょう!

自分の干支を調べて早速チェック!

太古の昔から親しみ使われてきた干支での占いは、長い年月伝わってきているからこその信頼があります。
自分の干支をまずは調べて、2016年の運勢をチェックしてみましょう!