ピンクのオーラの意味とは?特徴や性格、相性の良い・悪いオーラを教えます

どんな人にも「オーラ」というものは存在しています。
そして、様々なオーラの色があり性格を知ることが出来たり、相性が良い相手・悪い相手というものを知り事も可能なのです。
今回は、ピンク色のオーラを持つ人の特徴や相手との相性などについて見ていきたいと思います。

■ピンク色のオーラの人の性格とは

ピンクを持ったオーラの人の性格としては、人に対して等しく優しいという博愛主義者の人が多いでしょう。
自分の事よりも、他人のことを優先するというタイプであり、献身的なタイプであるともいう事が出来るのです。
また、今で言う「癒し系」であるとも考えることが出来ますので、一緒にいることによって相手を安心させるという力も持っています。
さらには、恋愛を重要視するという性格も持ち合わせているので、ひとたび恋愛をすると相手に対し見返るを求めることなく尽くすという献身的な人となるでしょう。
とはいえ、時には気持ちが高まってしまうと甘えたがりや側面やわがままな側面を垣間見ることもあるでしょう。

■相性の良いタイプとは

色で言うと先ずは「白」でしょう。
ピンク色のオーラを発する人の持つ愛情に真摯にこたえてくれるかと思います。
誠意ある人は白いオーラを持っていることが多いため、尽くす甲斐があると感じさせてくれることでしょう。
また、ピンク同様の暖色系のである「オレンジ」においても相性が良いといわれています。
同じところを目指すことができ、色々なことに共感しあえる相手となってくれるのです。

■相性が悪いタイプとは

ゆるぎない考えと冷静さを持っている「青色」や「紺色」のオーラは人を寄せ付けないというタイプであることが多いので相性は良いとはいえません。
ピンク色のオーラを持つ人の愛情が負担になってしまうと感じさせることが出てきてしまうのです。
また、先のようなことで傷つくばかりではなく、思わず相手を独占したいという衝動にかられることもあるでしょう。

■特徴を知ること

このようにピンク色は実に「柔らかい」タイプの人となっています。
色の特徴を知ることによって、より自分に合ったパートナーや環境を作ることが出来るでしょう。