生年月日でオーラの色が分かる!相性が良いオーラと悪いオーラの組み合わせ

自分がどのような色のオーラを持っているのか気になるけれど見える力は持っていない。
そのように思い諦めている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、このオーラは生年月日から知ることも出来るのです。
さらには、オーラの色ばかりではなく相性が良い・悪いというものも知ることが可能なのです。

■オーラの出し方

オーラの色を知るには、生年月日を用いて行います。
西暦・月・日をそれぞれ1桁ずつ足していきましょう。そして最終的に1桁になるまで足し続けるのです。
こうして出来た数字が「誕生数」と呼ばれるものになります。
それぞれの誕生数にはオーラ色が決まっていて該当するものが自分自身のオーラとなるのです。
相性診断をしたいという場合、特定のパートナーの生年月日から色を導き出し相性が良いか悪いかというものを見ていただけます。
また、色の組み合わせからどのようなタイプの人と相性が良いのか・悪いのかということも知ることが出来るでしょう。

■相性が良い・悪い組み合わせ

相性が良いのは赤色は緑と赤・オレンジ色は赤と黄色・青色は緑色とオレンジ色・紺色は黄色と青色・無らしき色は黄色と紺色となっています。
逆に悪い組み合わせとしては、赤色は紫色と青色・オレンジ色は緑色・黄色は紫色・紺色は赤色となっています。
これは、オーラにおける相性チェックの時の基本となるものですから、覚えておくと良いでしょう。
また、早見表などをインターネットから見ることも可能です。

■個々にあわせた相性診断

色からではなく、先にも触れましたが個々の生年月日からパートナーや気になる相手との相性を見ることも出来ます。
誕生数の相性からもオーラ色と共に見ることが出来ますので利用して見ると良いでしょう。

■幸せな環境を作るため

相性というものを知っておくことによって、より幸せな環境も作りやすいことと思いますので、オーラを取り入れた環境つくりというものも取り入れてみるのはいかがでしょうか。