0学占いで妊娠する時期がわかる?避けたほうがいい時期と良い時期を占おう

妊娠をしたい・子供が欲しいと考えておられる方もいらっしゃることでしょう。
「自然に任せて」などという場合ももちろん良いのですが、安心した妊娠・出産期間を作るためにもその時期というものについてしっかり見定めたいという事もあるのではないでしょうか。
ここで、0学占いを取り入れた妊娠するのに良い時期と避けたほうが良い時期というものについて考えていきたいと思います。

■0学占いとは

0学占いは、東洋に古来より伝わる占術の1つです。
天王星・土星・小王☆・金星・冥王星・火星・魚王星・月星・海王星・木星・氷王星・水星に分かれていますが、0学占いの方法によってはこれに限りません。
自分自身の生年月日・パートナーの生年月日から、どの星に該当するかを導き出し、それぞれのバイオリズムから妊娠に良い時期とそうでない時期を見分けるというのが基本的な占い方になるのです。

■低迷期を知ること

バイオリズムを見ていただくとお分かりかと思いますが、並が低くなっているポイントがあるかと思います。
この時期には、次に向けてパワーを貯める時期であるという捉え方や大きな変化を求めずに自重をする気持ちが大切であるといわれています。
このことから、この期間に自分もしくはパートナーがかかっている場合、妊娠はしないほうが良い時期という事が出来るでしょう。

■2人が上昇期を狙って

それぞれのバイオリズムの中で、タイミングが揃って上昇期にさしかかっているという場合には0学占いでは恋愛関係は発展的になるとも言われていますし、妊娠にも良い時期であると捉えられています。
個々によってバイオリズムの流れというものは変わってきますが、良い方向に傾いているポイントが合致することも多いので、このポイントを見定めていくと良いでしょう。

■より安定的環境を

このように、0学占いを取り入れて安心できる妊娠環境を整える・時期を調整するというのも良い方法かと思います。
それぞれの生年月日を入力するだけで自動算出してくれるというものもありますので気軽に取り入れて見ましょう。