※水槽を設置する方角に気をつけよう※良かれとやってみたけど逆効果になってしまった風水体験談!

最近では注目度も高まり、インターネットでも簡単に検索のできる風水。
しかし正しい知識がなければ効果を出すことが難しいものです。

こちらでは正しく実践されなかったことによる逆効果の事例をご紹介します。

■金運アップには「水槽」を設置する?

風水では古くから金運アップの方法として、吉方角に水槽を設置するという手段があります。
これまで様々な国が貿易により発展してきたことから、「川」が吉要素と認識され「水槽」の設置により、金運が高まるとされてきました。

もちろん上手に取り入れ、お店の売り上げを伸ばした方、事業に成功された方もいます。
しかし取り入れ方や方角を間違え、逆効果になってしまった方も少なくありません。

■水槽設置により愛猫が病気に・・・

これは数年前、実際に友人が経験した話です。

とある風水占いの方に金運アップの助言として「水槽の設置」を勧められました。
金魚などの魚は飼わずに、言われるがまま水槽だけを設置したそうです。

そうしたところ、ご家族の会社の業績が悪化し、飼っていた猫の体調が急に悪化しました。
しかしプロの占い師に見てもらったのだから間違いない!とそのままにしていたそうです。

■風水のセカンドオピニオン

ですが、やはり運気は停滞したままで、水槽を設置した時期と、様々な悪い出来事があまりにも一致し過ぎていました。
そこで別の風水の占い師に見てもらったそうです。

一通り説明した後に勧められたのは「水槽の撤去」でした。

その理由というのも、水槽の設置場所が「病気を誘発する方角」かつ「仕事運・社会運を停滞させる方角」だったそうです。

金運なんて逆効果も良いところです。私たち人間よりも、気に過敏に反応するのがペットです。
良かれと思って設置した水槽が、ペットの健康を蝕む結果に終わりました。

■少しでも方角のズレは致命傷

正しく取り入れなければ、プラスはおろかマイナスの効果をもたらす要因になります。
最初の風水師の方も、金運アップには水槽設置を提案したのは間違いではありません。

しかし選択した方角がまずく、逆効果を生み出す結果に終わりました。
「金運第一」と一点に気持ちを集中させてしまうと、大事な点が見えなくなります。

メリットがあるということはデメリットも必ずあることを念頭においておきましょう。