おおざっぱなイメージのO型ですが裏の顔はどうなんでしょうか?実はがんこで自己中心的!?

おおらかでいい人、というイメージのあるO型。
他の血液型に比べてくせが強くなく、おおざっぱで細かいことを気にしないので誰とでも無難に合わせられる、安定した人物だと評価されていることが多いのではないでしょうか。
けど、ちょっと待って。
実はそんなO型ですが、意外と知られていない裏の顔があるのです。

■裏の顔はがんこ?

実はがんこなのがO型の裏の顔なのです。
というのも、なんの話をしても「そうだよね」とうんうんうなずいて話を聞いてくれるのは、おおらかで相手に同調している、というよりは、自分はこうだ、という考えをしっかりと持っているので、相手の価値観を認めているだけで、根底にある自分の考えは変えようとはしていないのです。
だからいつもどっしりと構えていられるのです。

■O型と付き合ったら

表面的にはさも同調しているかのように見せかけて、裏では実はまったく自分の考えを変えようと思っていないがんこなわけですから、付き合っていたら振り回されるのは当然です。
初めの方は自分の話を聞いてくれて、おおらかでいい人だなあと思っていても、だんだんと行動を共にするうちに、自分の好きなようにしていることに気づくことでしょう。
先週「遊園地に行きたいね」と話して「そうだね、行きたいね」といったくせに、待ちに待ったデートで連れて行かれたのは美術館だった、そんなことがおこってしまいそうです。
そんなことを見越して、振り回されること覚悟で付き合ってみるのも一つの手だと思いますが、自己中心的なのに、それを「同調」というベールで覆っているので、なかなか本音が見えずにもやもやとしてしまいそうです。

■O型とうまくやるには

ともかく、同調してきたとしても、「本音ではないかもしれない」と思っておく方が後々がっかりしないようです。
優しげに見える人から裏切られるのは辛いもの。
O型の人と付き合う時は、友達にせよ恋人にせよ、それなりに構えて臨んだほうがよさそうです。
振り回されては疲れるだけ、そうならないように気を付けてください。