あなたは好きな男性を愛したい?愛されたい?それぞれのタイプに合う相手とは?

好きな男性といっても女性ごとにそれぞれのタイプがあることでしょう。
しかし「愛する」という事を考えた時、大きく2つに分けることが出来るでしょう。
それが、愛したいというタイプと愛されたいというタイプではないでしょうか。
そこで、それぞれのタイプに合う相手というものについて見ていきたいと思います。

■愛したいタイプの方へ

好きな男性を愛したい。そのようなタイプの方は、献身的で博愛主義的なところがあるでしょう。
相手に喜んでもらうことが自身の幸福となる方も多いのではないでしょうか。
このようなタイプの方にふさわしい相手は、そんな気持ちを誠実にそして真摯に受け止め応えてくれる人でしょう。
尽くされるのは負担だなどと感じる男性や、逆に自分自身が思わず束縛したくなるような男性とはあまり相性は良く無いでしょう。
応えてくれる相手であれば、愛する側も幸福感で満たすこともできますし、2人の気も高めあうことができるでしょう。

■愛されたいタイプの方へ

先とは真逆の「愛されたい」というタイプの方は、受けることでその愛情を育て返していくというところがあるのではないでしょうか。
また、安定的傾向も強いとも言われているのです。
ふさわしい相手は、ストレートに愛を表現してくれてマメで正直な相手が良いでしょう。
何より愛されるには、その中に不安定や不安を抱くような要素が少ないほうが恋愛そのもの・愛のスタンスも表現しやすくなるのです。
連絡なども途切れがちとなると、愛されている実感を抱きにくいという方もまたいらっしゃいますから、できればマメな相手を選ぶことをおすすめしたいと思います。

■下がる事も忘れずに

愛したい・愛されたいそれぞれ好きな男性へのスタンスというものがありますが、どちらにしても自分の我を押し通すのではなく、下がるという事も覚えておくと、より良い環境を作ることが出来るでしょう。

■ベストパートナーを選ぼう

先のようなものを知っておくと、今後出会う異性との間でも簡単に相性を知ることも出来ると思いますので覚えておくと良いでしょう。