六星占術で見る!付き合ったら幸せで長続きする相性の良い星人がわかる!

お付き合いをするのであれば、やはり幸せを少しでも長続きさせたいものですし相性が良い人と素敵な関係をと考えている方が多いのではないでしょうか。
様々な診断方法がありますが、今回は六星占術から導き出していきたいと思います。
相性が良く幸せが続くパートナーとなる星人を見てみましょう。

■六星占術での星人とは

六星占術で、よく星人という言葉を耳にされるかと思いますが、これは土星・水星・木星・天王星・金星・火星の6つとなっています。
自分自身がどの星人か知るためには生年月日から導き出します。
早見表などが用意されているかと思いますので、そちらを参考にしていくと簡単に知ることが出来るでしょう。
また、相性の場合はパートナーの生年月日から星人を導き出しそれぞれの相性というものを見ていくのが基本的なスタンスとなります。

■理想的な相性について

幸せが長続きする相性であるといわれているものについてですが、「土星人と金星人」「金星人と天王星人」「天王星人と木人」となっています。
こちらは、六星占術において、理想的な愛称とも言われていますので、運命的なものをお互いに感じるという事もあるでしょう。

■安定して幸せが長く続く相性

先のものよりも度合いは小さいものの、安定的で穏やかな幸せを出来る可能性が高いとも言われている相性です。
「金星人と火星人」「金星人と水星人」は特に安定しやすい関係を築くことでしょう。
お付き合いという相性はもちろんですが、安定的な関係ですから結婚などにも比較的に向いていると考えることが出来るでしょう。

■地運も組み入れた方法

より詳細にというのでしたら、干支の要素を取り入れた地運からも導き出すことが出来ます。
より具体的にというのでしたら、こうした点から見ていくのも良いでしょう。
よくないからといって全てがダメというわけではありませんが、これを1つの基準として相性をチェックしてみる・運命の相手と出会うための要素としてみるというのも良いのでは無いでしょうか。