算命学で妊娠が分かる?子供の星【鳳閣星】が回ってきたら子宝に恵まれやすい

子宝に恵まれたいなどと考えている方は、算命学を取り入れて妊娠について鑑定しているという方もまたいらっしゃることでしょう。
算命学においては「鳳閣星」がめぐってくると子宝に恵まれるとも言われています。
今回は、妊娠について把握することが出来るかもしれない算命学の取り入れ方について見ていきたいと思います。

■星のめぐりを見てみよう

妊娠や子宝というものは、1人では得られないものです。
ですから、自分自身とパートナーそれぞれの星のめぐりというものを把握しておくと良いでしょう。
先のも触れたように鳳閣星が回ってきた時は妊娠の可能性が高まることでしょう。
また、自分自身に子供星がまわっているかどうか・パートナーに子供星がまわってきているかどうかなどということを見ていくのもおすすめです。

■未代運だからと諦めないで

未代運ですと、子宝にめぐまれない・妊娠の可能性が低くなってしまうという印象もありますがそればかりではないのです。
母親星や子供星の運行でも左右されるものとなっているのです。
鳳閣星はもちろんですが、これらの星も同時に見ていくとよいでしょう。

■妊娠のタイミングを知る

漠然と子宝にめぐまれたら・妊娠をしたいというのではなく、算命学ではその「時期」を見ることが出来ます。
要は、いつ妊娠をしやすいタイミングなのかなどということも見ることが可能なのです。
これは、それぞれの相性や星回りを見ていただくこととなります。
それぞれのエネルギーが快活な時には希望通りの状況を作りやすいですので、タイミングの1つとして捉えていくと良いでしょう。

■男女の生み訳にも

妊娠や子宝といっても、男児が欲しい・女児が欲しいという希望をお持ちの場合もあるでしょう。
算命学では、こうした「どちらが生まれやすいか」というところも知ることが出来るので、気になる方は合わせてみてみましょう。

■幸せな家庭を築く

天からの授かり物といわれる子宝。
妊娠を望んでいるという方は算命学を参考にして、より幸せな家庭を築いてみるのはいかがでしょうか。