涙もろく思いやりに溢れているいのしし年生まれは思い込むと猪突猛進な面もあるので損をします

干支占いは、アジア方面の中でも特に日本では非常にポピュラーな占いになっていますね。
雑誌の占いコーナーやテレビの占い、インターネットの占いでも干支占いはかなり顔を出す機会が多いものです。
そんな、生活にも密接につながりを持ちやすい干支占いの中でも、いのしし年に注目してみましょう。

■いのしし年の性格

いのしし年の人は感受性が豊かで、感情の起伏がとても激しいのですがその代わり感情表現も豊かで表情が素直にころころと変わる人が多いです。
また、人への思いやりの気持ちがとても強く人の身に親身になって考えてあげる事が出来るので悩み相談を受けることも多くなるかと思います。
しかし、一度思い込むと一直線に行動してしまいますので失敗や損をしてしまうという一面もあります。

■いのしし年へのアドバイス

いのしし年の人は、何より思いやりの気持ちが強く相手の事をまるで自分のことのように考えてあげる事が出来るという事が大きな人間的な魅力を持っています。
自分のことに親身になってくれる思いやりの気持ちは、友人や家族を心底救ってあげる事が出来るでしょう。
しかし、思いやりの気持ちが強すぎるあまりこうしてあげた方がいいんだという思い込むことや、相手はこうに違いないという思い込みから先走った行動を取ってしまい結果的に損をしてしまうということもあります。
そんな性格的な損をしないためには、まずは必ず何ごとをするにも周りの意見をちゃんと聞くという事をする事です。
感受性豊かで感情表現も多彩な貴方ならば、人から話を聞けばちゃんとそれを聞く耳を持っていますからね。
そのまま行動に移すのではなくまずは人に相談するという癖をつけていくと、思い込むことによっての失敗も減るかと思います。
そんな短所よりも、いのしし年の人はとにかくその優しい気持ちや人のために泣いてあげる事の出来るきれいな心がとても輝く魅力ですから、自然体でいる事で人から自然と信頼を受けることでしょう。