江原啓之さんの2017年の予言を知って生活の中に役立てていくことで幸せに!

今では「スピリチュアル」という言葉も一般的なものとなりました。
そんな言葉を浸透させた第一人者が江原啓之さんではないでしょうか。
講演や書籍類の執筆活動も精力的に行っている江原啓之さんが読み解く「2017年」について見ていきたいと思います。
いったい、どのような予言がなされているのでしょうか。

ずばり2017年の予言とは

気になる江原啓之さんの2017年の予言ですが、一言で言い表すと「不安」だそうです。
もう少し、この言葉を掘り下げていきましょう。

広義の意味での「不安」であり、総体的な流れが二転三転で流れていくということを意味しているのとのことです。
そう聞くと、一抹の不安がよぎるという方も多いのではないでしょうか。
江原啓之さんの言うこの予言ですが、人々を決してネガティブな思いに突き落とそうというものではないのです。
この言葉をる知ることによって「快適な環境を作るために役立てていく」ということがこめられているのです。

不安をどう役立てていくのか

この予言に対する意味合いですが、江原啓之さんはこのようにもお話されています。
「不安があるからこそ、自らを保つ必要がある」ということです。

流れが生まれやすいバイオリズムだからこそ、常に自らの意思や自信をしっかりともっておくこと。
このことで、状況も安定しやすいものを作ってくれるというわけです。
自らに意思や自信というと難しく聞こえるかもしれません。
小さな目標や客観視する・ことを起こすとき特に新たな物事にチャレンジするときには慎重に考え行動をすることが大切であると考えることが出来るでしょう。

要因をしることで不安は消える?

江原啓之さんが言う不安ですが、不安とは「実体がないからこそ生まれる感情や状況」ともいえるでしょう。
予言から読み解くと、原因を知ることによって不安が解消されるとも考えられるのです。
だからこそ、先のようなスタンスが求められるのです。
そして、極力、感情を安定させることも大切だといえるのです。
運命にゆだねるというばかりではなく、予言を知ってどのように対処をしていくか・それによってどのように幸運へと歩みを進めていくのかという視点が江原啓之さんの予言には含まれているのです。

2017年に役立てていきたい

今回は、江原啓之さんの2017年の予言について見ていきました。
予言を予言のままにせずに、積極的に意識をして生活の中に役立てていってみてはいかがでしょうか。