親分肌な「とら年生まれ」は積極的ですが、謙虚さがないため対人関係のトラブルが増えます

その人の干支で、性格占いをしたりするのは血液型占いなどと並んで日本を始めとしたアジア圏ではとてもポピュラーな占いの一つですね。
その中でも、とら年をピックアップして占いをするとどういう結果が出るのかを注目してみましょう。

■とら年の性格について

とら年の人は非常に親分肌で積極的な性格の人が多いです。
人を引っ張っていくパワーがあり、自分の身内を守ることも何かあって力になることに対してもとても積極的です。
しかし、何事にも積極的すぎて色んな事に首を突っ込んでしまい首を突っ込むことで解決に繋がると信じていますので、謙虚さに欠けてしまうんですね。
だから、場を引っ掻きまわして事態を悪化させてしまうことも多く対人関係でトラブルを生みやすい性格でもあります。
一歩引いたところで見守ったり、ここは様子を見たほうがいいかもしれないという謙虚な考えを持たない人が多く、まずはやってみるといい意味でも悪い意味でも積極性があるので対人関係のトラブルを解決するか悪化させるかの二極に進みやすいんです。

■とら年の人へのアドバイス

親分肌で、面倒見がいいのはもちろんとら年の人の魅力であり長所なのですが面倒をみるべきところかそうでないかの見極めがとても苦手なのがとら年の性格の人の短所です。
積極的に人の悩みを解決したり、対人関係のトラブルを解決しようとすることはいいことなのですが、まずは相手がそれを望んでいるかを落ち着いて考えてみましょう。
自分なら何でもできる、自分が力になってあげるという親分肌な性格は人から慕われる素敵なところですが、相手も自分で考える能力を持っているのだと謙虚に考えましょう。
だから、まずは行動する前に相手に任せてみるということを考えてみるといいでしょう。
そして、どうしても自分で何とかできなくなった場合や相手が助けを求めてきた場合は遠慮なく積極的に助けてあげるといいでしょう。
助けすぎはかえって良くないこともある、どっしりと構えて待つということを覚えれば貴方の長所はより輝くはずです。